« 第153回芥川賞に選ばれた「火花」 | トップページ

杭打ち工事の施工データ改ざん問題

ニュースを見てて、だんだんと的外れな方向へ進んで行ってしまってる……って思うことがあるのだ。

旭化成建材の杭打ち工事の施工データ改ざん問題もそのひとつだったりする。

黒いネコはそっち系の仕事してるので、内容や実態は、ふつーの人以上にわかるのだけれど、ビルの傾きが、くい打ち工事だけのせいじゃないってことは簡単に推測できるのだ。

ちょっと具体的に説明するけど、ニュースになってる横浜市の場合は、全4棟で473本あったとされる杭のうち、3棟の70本が偽装だったっていう発表だったよね。

セメント量の改ざんが3棟の45本で、支持層に届いたかを確認するデータの偽装は38本で、計13本は二つの不正が重複。

これだけ聞くと、ふつーの人は、「とんでもない事態だ!」って思うはず。
確かに日本の規格、基準上から判断するととんでもないことには間違いないのだ。

でも、これだけで本当にビルが傾くかと言えば、そうでもないのだ。

杭の強度(強さや支持力)には、安全率っていうのがかけてある。

これは何かっていうと、100㎏のものを支えるのに100㎏の強さの柱を使ったら、確かに数値上は持ちこたえるけど、実際は予期せぬ応力(力)が加わるから、壊れてしまうのだ。

だから、安全率っていう係数を掛け算して、実際の3倍程度の強度で計算されてるのだ。
100㎏なら300㎏の強度の柱を使うって……。

今回は473本のうちの70本が偽装されてるけど、この70本が重さに対してマイナスの力になってるわけじゃなくて、本来の力よりも弱い力しか発揮できていません……っていうのが実状。
割合から考えると、現状でも設計上の8割以上はあると思うのだ。


わかりやすくたとえ話で説明すると、計算上では1000t(トン)持ちこたえるべき杭の力が800tしか持ちこたえられません……っていうこと。

でも、安全率をかけての計算なので、実際の建物の重さって350tしかない。
800t持ちこたえるはずなのに、350t程度で傾くはずがないのだ。

だから、普段から多少改ざんしても、建物に大きな影響が出ないもんだから、改ざんする人が安易に出てもわからなかった。

安全率っていうのはもともと、地震も含めた不測の事態を想定したものだから、通常時には過剰な強度なのだ。

それが傾いたというこということになると、杭うちの施工の改ざんだけじゃなくて、他にも大きな問題があると思ってしまう。

ボーリングデータ(地質調査)についての間違いや、設計上の必要な地盤耐力の間違いがあるんじゃないかな?

ビルの傾きが、くい打ち工事の改ざんだけで終わってしまうと、本当の原因が闇に葬られてしまう可能性もあるのだ。

ビルそのものの設計を、もう一度検証しないと……。

|

« 第153回芥川賞に選ばれた「火花」 | トップページ

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

実に的を得たご意見です。
1社に責任を押しつけ、あとの面々はほっかむりしている感じを受けます。
旭化成建材だけでなく、日立建設、三井住友建設、販売会社が揃って説明してほしいというか、それを見たい気がします

投稿: こま | 2015年11月10日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199274/62572093

この記事へのトラックバック一覧です: 杭打ち工事の施工データ改ざん問題:

« 第153回芥川賞に選ばれた「火花」 | トップページ