« 心(魂)の浄化 | トップページ | 宇宙人? »

川崎市中学生殺害事件で考えること

川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村遼太さんが殺害された事件で、やっと少年3人が逮捕されました。

少し前からインターネット上では、犯人と思われる少年の名前や顔写真が出回っていましたが、テレビでモザイクのかかった画像と同じですので、情報は間違ってなかったと思われます。


実刑が確定する前に実名報道するのは、問題があるのかもしれません。
誤報ももちろんいけません。

ただ、被害者の少年やその家族のプライバシーは保障されずにどんどんメディアで掘り下げられるのに、このことは何の議論もされず、犯人に対して擁護するような声ばかりが表面化するのは、とても不思議です。

叩く人が増えれば増えるほど、それを守ろうとする人が増えるのは、ある意味では自然ですが。


昨日の逮捕の報道では、少年は弁護士と一緒だったそうです。
そして、未だに否認し続けています。

逮捕前に、すでに逮捕されるとわかっていたから弁護士を用意したのでしょうけど、やっていないのであれば、弁護士は必要ありません。

ここで、非常に大きな悪意を感じました。 親子共にです。

被害者に対しての謝罪は微塵も感じることはできません。
日常的な暴力は、周りの証言からすでに否定できない状況にあります。

少年犯罪に関しては、『家庭裁判所』が裁きます。
警察、検察は、調べることはしても、裁判に立ち入ることはできません。
これが少年法によるものです。

14歳未満の子供は、刑事罰を与えることができません。
これは刑法に定められています。

悪質犯罪の場合、通常は、家庭裁判所で刑事罰を与えることが必要とされた時に限り、家庭裁判所が検察に送致します。
そうなると検察は起訴することになり、少年事件としてではなく、刑事事件となります。
ただし、18歳未満には死刑判決はできないことになっています。

強姦目的で女性と赤子を殺害した『光市母子殺害事件』では、刑事事件となっていますが、山口地裁では、更生の余地があるとして『無期懲役』。
当然、死刑を求めて検察は控訴しますが、広島高裁はそれを棄却します。

成人ならば、死刑判決を受けるべきであるのに、未成年と言う理由で無期懲役。
いずれそれも恩赦で社会に出てくるところでした。

しかし、この犯人は、全く反省していない内容の手紙を友人に送ります。
これを検察は証拠とし、また、被害者の夫は必死に社会に訴え続けました。
自分の人生を投げ打って戦い続けているように見えました。

なぜ、被害者が最後まで辛い思いをさせられるのか、とても悲しく感じたのを良く覚えています。

そして、社会の声が後押しとなり、最高裁は広島高裁の判決を破棄し、審理を高裁へ差し戻すことになります。

その後に、やっと死刑の判決が下ります。

判決に納得できない犯人は、上告しますが棄却され、死刑確定となりました。

被害者の家族の必死の訴え、社会の後押しがなければ、無期懲役で終わっていたと思います。
犯人の謝罪の気持ちが本当なら、死刑判決も素直に受けるでしょう。
他人は簡単に殺すけど、自分は死にたくない……そういう身勝手な考えしかない犯人が更生するのは不可能です。


今回の川崎市での事件も同じです。
最初から弁護士を連れてくるということは、事件の真相を語るつもりは無く、自分が有利になりたいだけであるということが容易に推測されます。

今は否認していますが、状況が悪くなれば、弁護士は「更生の余地がある」「殺意はなかった」といってくるでしょう。
だから社会は、厳しい目で最後まで見ているべきです。

『光市母子殺害事件』の被害者のご主人のように、強い意志で立ち向かえる人は少数です。
被害者の多くは弱い存在です。
自分で戦えない人がほとんどです。
だから社会が厳しい目で見ていなければいけない。

私はそう思うのです。

上村くんのご冥福を祈ります。

|

« 心(魂)の浄化 | トップページ | 宇宙人? »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199274/61206775

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市中学生殺害事件で考えること:

« 心(魂)の浄化 | トップページ | 宇宙人? »