« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

中之島(十島村)のラクダ

タイトルのことが何のことかさっぱり分からないと思うけど、わかる人はわかるのだ。
d(^-^)

1 トカラ列島の中之島(十島村)に行ってきた。

観光じゃないから、ゆっくり見て回るような時間はなかったんだけど、それでも島の雰囲気は良く感じたのだ。

トカラ列島は、鹿児島の南に位置する小さな島々。
屋久島よりも南で、奄美大島よりも北に位置してる。

すごーくのんびりした感じです。

食堂とか商店とか、当然のように期待しちゃいけない。

お金持ってても、使い道はあんまりなかったり……。

お風呂は民宿にも無くて、共同浴場(温泉)だったり、海が荒れると船が着かなかったり……。

でも、そんなことが何にも気にならない自分が不思議。

自然が、どーん!とそこにある。

その自然に身を任すしかないところが、体にも心にもいいのかもしれない。

ヤギが普通に道路を歩いていたり、信号機がなかったり、そういうのもけっこういい感じ。

……ただ船酔いする人には、船旅は厳しいと思うけど。

そのうち他の写真もアップしようかな。
ちょっといろいろ忙しいので、今日は一枚だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水嶋ヒロ ポプラ社小説大賞受賞

何かと話題の水嶋ヒロが、齋藤智裕のペンネームでポプラ社小説大賞を見事受賞なのだ。
多才なのはなんとなくわかっていたけど、すごいね。
出来レースだとか、仕組まれた受賞だとか、いろいろ言う人はいるけれど、それなりの実力を持っている人なのだと思う。
賞金の2000万円も辞退していたし、とても悪い人には見えないし。

確かに、有名人だということで多少のひいき目はあったかもしれないけど、それも才能のひとつだから。

水嶋ヒロ・絢香 結婚!!という時にも驚いた人は多かったと思うけど、それまであまり興味がなかった人も、この受賞でびっくりした人もいただろうね。
芸能界でもいろいろ大変な思いをしている二人だから、出版業界の力を借りて、またいろんなところに出てくるようになるといいのに。

小説を書くのに、技法やマナーをしつこくこだわる人も多いけど、書き手に一番必要なのは、強い想いと心。
それが今の彼にはあったんだと思う。
芸能界という糧を失った彼は、大好きな人を守る為に必死だったんだよね、きっと。

この受賞には賛否両論あると思うけど、黒いネコは応援したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »