« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

夏休みの課題

毎年頭を悩ますチビネコたちの夏休み課題……( ̄~ ̄;)
これがなかなか大変なのだ。

子供の宿題だからといって、放っておいても、実験観察なんてなかなか進まない。
大人がある程度手を貸さないと、子供たちだけではいいものはなかなかできない……というのが、一般的らしくって。( -。-) =3

で、チビネコとアイデアを出し合って、なんとか理科実験?開始。

いや、でもこれが予想通りには行かなくって、かなり苦労したのだ。

全然ダメだったり、新しい発見があったり。(☆∇☆)

そして、なんだか熱中症……* ・・ ・・(o_ _)o

暑かったのだ。

暑すぎたのだ。

皆さんも、屋外での長時間に及ぶ作業には注意しましょう!

暑さだけでなくて、湿度の高さも注意!!


ま、いい実験ができたので、面白いレポートができそうなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速道路の復旧

11日に発生した地震の影響で崩落した東名高速道路。
復旧が急がれていて、すごいピッチで作業は進められているんだけど……。(ー’`ー;)

危ない気がするのだ。

映像から見ると、かなりの範囲で崩れ落ちているので盛土するだけの土砂を持ち込むだけでもかなりの作業。
高さもけっこうあるので、まともに締め固めていくとかなりの日数を要するはず。

専門家でない人だとあまり気にならないかもしれない。

でも実際は、道路の上に崩れてきた土砂を撤去する作業と、崩れた道路を復旧する作業では大きく違うのだ。

崩れた部分に土砂を入れてそれを重機や車両の重みで固めていくんだけど、思っているほど簡単には固められない。
30~50センチずつの厚みで固めないと、上手くかためられないのだ。
それ以上になると下部のほうは、土砂の粒子の間に隙間がたくさんできてしまって、二次災害の恐れが……。

高速道路だから、下手な妥協は厳禁です。

利便性よりも安全性が大切なはずなのに、無理に急いでいるように見えてしまう。
お盆の利用に急ぐ気持もわからなくはないけれど、どうも危険に見えて仕方ありません。

それに例え復旧できても応急処置なので、元通りにする為にはまたやり直すことに……。
なんだかとっても無駄なのだ。( -。-) =3

その場の体裁だけを繕っても無意味なのに。

他に迂回する道路があるのだから、多少の不便が伴っても激怒する人なんていません。
安全第一です。

矢板と大型土嚢で簡単に復旧しているように見えるけど、一雨くればきっと通行中止です。

その安全性を考えてもコスト面を考えても、かなり安易に決めているような気がして……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »