« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

年賀状

そろそろ書かないと間に合わない気がする年賀状……っということで、プリンター買ってきたのだ。d(^-^)
何年か振りにプリンター買ったんだけど Canon PIXUS iP4600 結構いいのだ。
ホントすごいね、キレイの一言じゃもったいないくらいキレイ。

解像度の低いデジカメで撮った写真は、すぐに粗が見えちゃうくらいなのだ。

……デジカメも欲しくなってきた。(ー’`ー;)

おっと、それよりも年賀状、年賀状……。q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p

メールもいいけど、やっぱり年賀状っていいよね。
普段はデジタル漬けの生活だけど、やっぱりアナログって大切。
温かみもあるし、そこにある言葉の裏が伝わってきたりね。

牛さん画像、どっかおっこってないかな……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年一番のクリスマスソングは…

クリスマスの曲って定番のものがあったり、新しいものも結構いいのがあるよね。

で、今年のお気に入りは……

FUNKY MONKEY BABYS の 『ぼくはサンタクロース』 なのだ o(*^▽^*)o~♪

すごくいいのだ。みんなに聴いてもらって、街にもたくさん流れるといいなぁ。

天国から大好きだった彼女に向けてのクリスマスプレゼント……その優しさが、FUNKY MONKEY BABYS の持ってる前向きさと心地良く溶け込んでて、とぉ~~~ってもGOOD!!

クリスマス……みんなが幸せな気分になれるように、今から祈っておくのだ。(^人^)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばって小説書きましょ

なかなか不景気抜け出せない…… (;´д`)
クリスマスにお正月…… 怖いのだ。と~っても怖いのだ。

んで、寂しいこと考えても仕方ないので、小説でも書くのだ。
……といいつつ、テンション低めなのが小説にも表れてしまって、なんだか悲哀作品に。
う~ん、はっぴーえんどが好きなのに……。(u_u。)
えぇい、こうなったら思い切りドロドロした作品でも思い切って書くか!

えぇ~っと…宇宙からきたスライム状の生物が……

えっ! !(・oノ)ノ

それは、ドロドロの意味が違うだろ…って


んじゃあ、勇気あるカメがたっぷりと時間をかけて世界一周するおはなし……

それは、トロトロ… もしくは、ノロノロ… ですか…


んじゃあ、んじゃあ、勉強もできなくて、スポーツもできなくて、性格も悪い主人公が……

……ん? 人間的にボロボロ? ダラダラした小説一直線に?


……。



ちょっと脳みそ洗ってこようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンネームって…

小学館ライトノベル大賞……二次選考の発表は年末らしいのだ。d(^-^)
一次選考で6分の1になってたけど、二次選考でさらに6分の1~5分の1になる。
そこまでいけたら多少の自信は持ってもいいかもしれないのだ。

……で、通過者のペンネームを確認すると、すでに出版経験者も数名。
同名ってことはないと思うので、たぶん間違ってないはず。

そこで思う……( ̄~ ̄;)

すでに出版してるわけだから、どこかの出版社の編集とそれなりの関係が成立してるわけでしょ。
そういう人の場合、プロアマ不問と公募で小説募集しても、大賞取りにくいような気がする。
何らかの○○賞みたいなものは受賞できたとしても……。
ほとんどの賞がインターネットで発表されちゃうから、たくさんの人の目にとまるわけで……そうなると出版歴は簡単にわかるし、そこで上手くいかなかったのかなぁ~とか、仕事ないのかなぁ~とか、余計な詮索されちゃいそう。

それを考えると、別ペンネームで投稿した方がいいような気がする。
応募先の出版社には、別ペンネームではこういった経歴です…って書いておけば、それなりに実績は判断してくれるだろうし。

同じペンネームってことは、それだけ思い入れが強い名前ってことなのかな?

……いまひとつ、メリットがわからないです。

あまり深く考えていないのかもしれない……。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

小学館ライトノベル大賞

12月に突入!!
残りわずかになってきたけど、何かひとつくらい良いことないかな……。

なんて思っていたら、小学館ライトノベル大賞の一次選考通過が発表されてました。
なんとか名前を見つけたので、ちょっとうれしい。

……でも通過者の数が百人くらいいるから、まぁそれほど喜べないけどね。

一応、小説として読める程度のモノは書けていたということかも。

最終選考までいけると、自信に繋がるんだけどなぁ~。o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »