« そろそろ~NHK銀の雫文芸賞~かな | トップページ | 事実は小説より奇なり »

天才バカボン

8月2日、赤塚不二夫先生が亡くなられたとのニュース。(°O° ;)

本人も個性的だったけれど、作り出されたキャラクターたちは他に類を見ないほどの強烈な個性を持ってたのだ。
天才バカボンなんて、赤塚不二夫でなければ世に送り出せなかったと思う。

お昼の顔のタモリさん。彼の才能を見抜いて芸能界に導いたのも赤塚不二夫。

……なんだかさみしいね。

手塚治虫先生が亡くなった時もこんな感じだった。

漫画を描きたい。

人を笑わせたい。

そういう気持ちがあふれてた人だったんじゃないかな。

……才能って、きっとそうなんだ。

生まれた時にすでに持っている才能なんてほんの僅かで、あとは、そんなあふれだす気持ちが大きく才能を伸ばしていくんだろうね。

個性的なキャラクターたちはこれからも活躍して、そして新しい才能を刺激してくれるはず。
天才バカボンは、やっぱり天才だったのだ。
だから、これでいいのだ。d(^-^)

|

« そろそろ~NHK銀の雫文芸賞~かな | トップページ | 事実は小説より奇なり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199274/42064269

この記事へのトラックバック一覧です: 天才バカボン:

« そろそろ~NHK銀の雫文芸賞~かな | トップページ | 事実は小説より奇なり »