« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

小説の応募先は…

う~む……悩むのだ。(ー’`ー;)

小説賞に応募しようと思う時は、その賞のカラーに合うように書いてるつもりなんだけど、でもそのせいで本当に書きたいものが書けてない気がしてきたのだ。
それに以前書いてた小説も書きなおしを始めてるので、今さら応募先のカラーに合わせて……って言ってられなくなってしまった。

ただ、書きあがってから応募先を決めても問題ないんだろうけど、原稿枚数だけは少し心配だったりする。
後で増やしたり、削ったりするのはどうにも上手くいかないことの方が多くて。

他の人はどーなんだろ?

やっぱり応募先を先に決めてるのかな。


……しっかし、あつ~~~~~~~~い!!o(~○~;)o

集中できないのだーーー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばるのだ! ○(^^ ) o 

やっとPCの前に座るとすでに日付が変わっていたのだ。(´ヘ`;)
やっぱり日曜に仕事っていうのは、特に疲れるような気が……。
日差しも強かったし、海岸ではみんな気持ちよさそうに泳いでいるし。
ま、ひとつだけよかったのは、恐ろしく汗をかいたのできっと体重も減っていたはず。
……でも、怖くて体重計には乗ってないのだ。ヾ(☆▽☆)

そしてこうやってPCに向かって一行だけでも小説書いてから寝ないといけない…って思いながらも、まずメールチェックから始める黒いネコなのであった。
う~ん…迷惑メールの数、150通。一日でこれだけ。減る気配は全くなし。

おぉ、明日も5時起きなので、早く書かないと寝る時間が……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説は誰のものか?

森くま堂さんが、いい題材を投げかけてくれたのでよく考えてみる。( ̄~ ̄;)

小説は誰のものか?

>あくまでも最終的には、小説は読み手のものだと私は思います。

確かにそうですね。
日記と違って、読まれることを前提に書いているのだから、最終的にその小説は読み手の手の中にあって、読み手と一体化していることが自然なのかも。

でも黒いネコがそれに気づいたのも、そんなに昔じゃなかったりします。(^^ゞ
知人の「面白くない」の一言で目が覚めて、考えを改めました。
自分の考えや気持ちを表現しながらも、他の考えや可能性も否定しない捉え方。
それが大切な気がしてます。

そしてすぐれた物語には、読み手を…人を変えてしまう力も。
だから、そういうものを書ける書き手も、またすごいと思う。

また、時代に望まれるお話もありますね。
それに人々が願う夢を描く物語は、すべてが作りごとなのではなくて、現実から始まっていることもあります。
たとえばサンタクロース。
サンタクロースの原形は、聖ニコラスって言って、今のトルコに住んでいた人だっていうのはみんな結構知ってるかな。
貧しい人にこっそりとプレゼントしていたことが、サンタクロースの話につながっています。
これはそういう人物像を、誰もが望んでいたからじゃないかな。
だからサンタクロースの話が出来上がった。

小説では飢えを満たすことはできません。
でも、心を満たすことは可能です。
だから、いつの時代でも物語に没頭する人がいるし、日夜創作に励む人がいる。
黒いネコもその中の一人なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログデザイン変更

おともだちリンクを新しく追加した勢いで、ブログのデザインを変更したのだ。
観光案内のサイトもリニューアル中。
お盆までにはページ数も増える予定。

そろそろ本格的に小説書き始めるのだ。d(^-^)  
今回はがっちりプロット作って、あらすじだけでも面白そうにしてみたい。
性格的にはあまり緻密に計画立てるタイプではないのだけれど、今回は緻密にいくぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

詩と言葉と小説と

人に何か想いを伝えるって、とっても大切なこと。
でも同じ想いでも、表現の仕方によって伝わり方は違うのだ。

詩って韻が大切だよね。
文字の羅列にしか過ぎないものでも、韻を踏むことによってリズムができて
優しく沁み込んでいく。
だから、思いやりがあったり、感慨深いものには詩がよくあうし、逆に激しくて
暴力的なものには逆効果。

激しい感情を表現するなら、言葉そのものをぶつけるのがいいね。
口語体で書き綴れば、ストレートな心がそのままぶつかってくる。

小説なら今の自分じゃない、誰かに代わって想いを語ることができる。
小説の中ならなんにでもなれるし、環境だって自由になる。
でも、自由だからこそ、自分の伝えたい想いをきちんと持っていることが大切になるけど。

詩人であり小説家であり、また時々は普通の人であり……
そうやって想いを書き続けられたら、黒いネコは幸せなのだ。o(*^▽^*)o~♪

……でも今は、それに程遠いけどね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

夏風邪…( iдi )

夏風邪にかかるのは○○だっていうけれど、どうも○○だったみたいなのだ。(#T-T)
汗が流れながら、鼻水も流れてる……。
た…助けてなのだ。

んで、そんな体調の悪い中、たまの休みだったので家庭菜園。
キウイとザクロを植え替えしたんだけど、数が多くてかなりバテたのだ。
気温は高いし、風は吹かないし。
余計に頭痛がひどくなった。(T^T)
ブドウの木も、余計な枝は落としたんだけど、実がだんだんと色づいてきました。
来週くらいからは、ボチボチ食べることができそう。
イチジクもなかなかいい感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファミコン

懐かしのファミリーコンピュータ、パソコンで遊んでみました。
仕事帰りにちょっと寄ってみた電気屋さんのワゴンセールで、PC用のゲームコントローラがなんと500円。
定価で3000円ほどのものだったので、すかさず購入。(@^∇^@)
家に帰って、懐かしのゲームで遊んでみました。

任天堂といえば昔は、トランプや花札でしか名前を見ることはなかったんだけど、このファミコンが出てからは、家庭用ゲーム機の大御所になってしまったもんね。
よくお世話になってました。

懐かしいという話題で、同僚と話しててファミコンの話になり、電気屋さんに寄ってみたんだけど、もうひとつの懐かしい話。
当時流行っていたビックリマンチョコのビックリマンシールが、今、高値で販売されているらしいって話なんだけど、このシールってアニメのキャラのようなシールのこと。
…でも、実はその前があるんです。
販売当初のビックリマンチョコのシールっていえば、いたずらシールみたいなものでした。
人間の目を書いたものだったり、落ち葉そっくりの絵だったり。
障子にその目のシールを貼っていたら、親が驚いて叱られた記憶があります。
ちりとりに落ち葉のシール貼っていたのも叱られました。
結構、本物そっくりにできてたので、いたずらにはもってこいのシールだったんです。
……覚えてる人いるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝苦しい夜……

6月が終わってしまったのだ。( -。-) =3
何一つ片付かないうちに7月……やばいのだ。
先月も休みは2日間しかなかったけど、このままだと今月も同じ予感が……( iдi )
なんとか打破しないと、倒れてしまうのだ。

……なんていいつつも、創作意欲は復活して小説を書き始めた。
じっくりと大人向けの小説。
時間が取れないので、一日で原稿用紙1~2枚くらいのペースしかない。
ま、それでも年内には書きあげられるはずなのだ。

話は唐突に変わるけど、今日から始まったドラマ「モンスターペアレント」。
内容に興味があって見てみたけど、今のところはいまいち。
小説の題材としても、切り方によっては面白く書けそうな気もする。
もっと現場に踏み込んで、子供たちをからめて視点で展開してくれると良さそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »