« 明日も仕事 | トップページ | 中国から「ありがとう、日本!」 »

四川省での大地震

連日ニュースで流れてる、中国四川省での大地震。
すでに死者の数は1万5千人近くになっていて、最終的には2万人を超える可能性も……。
自然災害の怖さを感じずにはいられないのだ。

……でも、建物の耐震性は疑問視されてる。
過去に地震に無縁の土地なら、耐震化が遅れた理由もわかる気がするけど、この付近は過去にもマグニチュード7.0を超える地震が何度も起きていて、1970年1月5日の地震では、M7.8 、 死者15,621人 、 負傷者26,783人を出している。
それが全く活かされていないのが、すごく悲しいのだ。

それに比べると日本の耐震技術は優れてて、耐震度をただアップするのではなくて、免震構造や制震構造で作られた建物は、地震の揺れそのものを軽減するからね。
特に免震構造はすごくて、これから建設される重要な建物は、ほとんどこれになるんじゃないかな。

ただ日本でも学校の耐震化が叫ばれてるけど、実際に行われているのは建物の強度を上げているだけなので、確かに壊れる可能性は少なくなるけど、建物自体は揺れてしまう。この揺れが免震構造の場合は極端に少なくなるのだ。
建物が倒壊しなくても、中にいる人は揺れに襲われるので、屋内の家具をきちんと固定していないと、それで怪我する人も……。

自然災害から逃れることはできないけど、被害を抑えることはできるよね。
事前にきちんと対策しておけば、これほどの大きな被害を被ることはなかったような気がします。
一刻も早く、一人でも多くの人が救出されることを祈ります。

|

« 明日も仕事 | トップページ | 中国から「ありがとう、日本!」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199274/41208465

この記事へのトラックバック一覧です: 四川省での大地震:

« 明日も仕事 | トップページ | 中国から「ありがとう、日本!」 »