« 小説と音楽 | トップページ | 読み返すのが…… »

自費出版について思うこと

新風舎の倒産が引き金で、自費出版についての書き込みをあちこちで目にすることが多いのだ。
ま、自費出版そのものは社史や記念誌の利用に昔から使われてきたもので、無償で配られるものが多かったというのは、みんなも良く知ってると思うのだ。
本を作るって仕事は出版社のイメージが強いけど、実際に本を作る作業をしているのは印刷会社。
だから作るだけなら、印刷会社に直接依頼した方が手っ取り早いのだ。

でも作るだけなので、内容についての良し悪しには全く触れない。

注文されたものをただ作るだけ。

で、そのあたりのニーズを考えて出現したのが、新風舎などの自費出版をメインとする出版社。
ふつうの出版社は本を売って利益を上げる。でも自費出版社は本を作って利益を上げる。
ここまでは、今までも何度も同じことを書いた気がするんだけど……。

自費出版社は集客する為に、印税を払うと提示したり、書店に流通させたり、ネットでの販売など多角的な販売システムを提供したり……。
そこまでは良かったんだけど、だんだんと過度のセールスが起こって、結果的に新風舎の破綻につながっていったんだよね。

たぶん、みんなそういうことは理解していると思う。本を作りたいと考えてる人は特にね。
それで新風舎の破たんの後、確かに過度のセールスは亡くなった思う。

でも…でもね。
肝心のところが、未だに歪んだまま……。

自費出版会社だけでなく、自費出版を手助けする個人や団体も意外とあります。
一見すると、安く本を作れるアドバイスがあったり、本をどうやって販売させるか…などがあって、ものすごく良心的にも見えます。
たぶん、良い人なんじゃないかな。

ただ、肝心なところがすっぽりと抜け落ちているのだ。

自費出版してその本を売りたいと思うのは、自分の願いをアピールしているだけで、読者をおいてけぼりにしているように感じる。厳しいことをいうみたいだけど、書く…ということを真剣に考えれば考えるほど、売るためのシステムじゃなくて、作品の質の向上を図るべきだと思えて仕方無いのだ。
だから、『どうやって売ろうか…』と考えてる間は、本当の意味で良い本はできないだろうし、また新風舎のような出版社の元に引き寄せられるんじゃないだろうか……。

『こういう販売の方法があります……』じゃなくて、『ここは、こうした方が読みやすくなりますよ……』が、本当の『本作り』じゃないかな。
本を流通させる出版社は、絶対に読者のことをおいてけぼりにしちゃいけないと思う。
それが責任だよね。

|

« 小説と音楽 | トップページ | 読み返すのが…… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199274/40111988

この記事へのトラックバック一覧です: 自費出版について思うこと:

« 小説と音楽 | トップページ | 読み返すのが…… »