« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

新風舎破産手続き

書き忘れていたことを今思い出したので書いておくのだ。
民事再生法で立て直しを図っていた新風舎だけど、1月18日付で破産手続きに移行。
つまり倒産なのだ。

個人的な意見なんだけど、民事再生法での立て直しは難しい。
結局のところ、債権者に涙をのんでもらって、お金を取り立てないでください…ってことだから。
良いように解釈すると…今倒産すると回収できる金額が少ないけど、ここで協力していくらかの債権を放棄すれば、将来会社が立ち直ってきちんとした支払いを受けることができるかもしれない…ってとこかな。
だから民事再生法の適用には、債権者の同意が必要不可欠。
でも、冷静に考えると、新風舎を取り巻くこの状況から立ち直るのには、無理がある。
新風舎の場合は、債権者に著者もいて、詐欺被害にあったと思ってる人もいる。
現に裁判を起こしている人もいるし。
そんな状況で、債権者全員の同意を得ることすら難しかったはず。

今回の騒動は起こるべくして起こったんだろうけど、どうしても納得できない点がひとつ。
『なぜ新風舎は、自費出版だと言わないんだろう』
黒いネコ的には、新風舎のやってることは自費出版だと思う。
それを一般の書籍のように扱ったところから、歪が生まれたんだよね。

多くの出版社がいろんな小説を公募で募集している賞があるけれど、その賞を受賞したって、そうそう売れるものじゃない。
受賞賞金だって賄えないことも少なくないんじゃないかな。
そこにもってきて、何の賞もないただの素人が書いた小説を、店頭に並べて売ってくれる書店があるとは思えないし、買ってくれる人だって……。

…夢を見させてくれるのは大賛成。
でもウソは良くない。
新風舎から出版された本の中で、営業の人が本当に売れると思った本はどれくらいあるんだろう。
一般の書籍と比べて、全く見劣りしないと感じた本はどれくらいあるんだろう。

付加価値の高い自費出版…本当はそれが新風舎が目指さなきゃいけないものだったんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説のタイトル

小説のタイトルを決めたのだ。o(*^▽^*)o~♪
元々は「のほほんにゃん吉大冒険!」ってタイトルをつけて書き始めたんだけど、小説大賞に応募するならシンプルなタイトルの方がいいような気がして、思い切って変えてみたのだ。

……まだ内緒だけど。"r(^^;)

で、携帯小説販売のノベリストウェブドットコムさんなんだけど、販売までもう少し待っていてください…っていうことです。カバー絵が追い付かないみたい。
たぶん、イラストレーターさんが不足してるんじゃないかな?
良い機会だと思うので、イラスト関係の仕事したい人はイラストレーター登録に応募してみるのもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説のカラー

小説の推敲は着々と進んでいるのだけれど、少し気負いすぎて文章が固くなってしまったのだ。(ー’`ー;)
心情を一切書かずに情景描写だけで行こうとしたんだけど……これじゃ黒いネコらしくないのだ。
カッコイイ文章よりも、やっぱり面白い文章の方が大切なのだ。d(^-^)
ナンセンスギャグの上に感動を……ってできるかな。(f*^_^)

んでも、このブログに「ポプラ小説大賞」のキーワードでアクセスしてくる人もいるけど、やっぱり応募する人は、ほかの人の動向が気なるのかな?
黒いネコの言ってることが、参考になるとはとても思えないんだけど。

さて、そろそろがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天草

熊本県の天草市に行ってきたのだ。(^∇^)
天気も良くて絶好の観光日和だったんだけどね、残念ながら仕事だったので、ゆっくりとはしていられなかったのだ。
でも、すっごく良い風景だよね。
黒いネコは基本的に海育ちなので、海のある風景が好き。q(≧∇≦*)

「天草」っていうと、「天草四郎」の出身地だと言われてる説があったり、「天草五経」が有名かな。

日頃、仕事でストレスの溜めてる人にはお勧めの風景です。
癒されること間違いなしなのだ。d(^-^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

推敲

小説が一向に仕上がらないのだ。
推敲がちっとも進まない。

読み返せば……

誤字脱字はいっぱい出てくるし

不必要な描写が多いし

しかも全体的に雑だし

はっきし言って、やばいのだ。

でも、一番悩んでるのはタイトル。
ん~何にしようかなぁ~。
シンプルなのがいいよね。
タイトルにも、姓名判断みたいな吉凶数ってあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新風舎、民事再生法の適用を申請

7日、文芸社に次ぐ大手自費出版の『新風舎』(本社・東京都港区)は、東京地裁に民事再生法の適用を申請。
著者とのトラブルがなにかと話題になっていた新風舎。
民事再生法は債権者のかなりの理解が必要なので、再建していくには大変だと思うのだ。

自費出版そのものは昔からあって、社史や記念に作られて無料で配られるものが多かったんだけど、近年は「書店に並ぶ」って謳い文句に魅力を感じて出版する著者も多かったみたい。

(普通の出版と自費出版の違いはこちら↓で…)
http://homepage2.nifty.com/healing_space/book/publication.html#t

でも書店側は売れる作品を店頭に並べたいわけだから、無名の素人の作品を置いてくれる書店がそんなにあるとは思えないよね。
それだけに著者とのトラブルは多かったはずなのだ。

…ちなみに、新風舎のネットでの悪評を確かめるためにコンテストに出してみたことがあるのだ。
結果は予想通り……。
まぁあまり多くを語らない方がいいかな。

ただ今回の問題の引き金になったのは、著者らかの相次ぐ提訴だというのは間違いないし、今後もこんなトラブルが無くなるという保証も今のところはありません。
(提訴の内容は、「本が店頭にならんでいない」「在庫がなくなったら増刷する契約だったのに履行されない」など)

書店流通を考えた自費出版は、営業の難しさや著者とのトラブルなどの問題があること頭に入れておいた方がいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »