トップページ | 2007年2月 »

小説ふたつめ

ホームページに一番先に載せたのがこの小説。
これが目に止まって雑誌に紹介されたのが、一番最初だったのだ。d(^-^)
まだネットについて何にも知らなくていろいろ苦労してたけど、けっこうメジャーな雑誌に紹介されたおかげで頑張れたのかもね。

----------------------------------------------------------------

青空、車椅子・・・そして最高のバースデイ


海岸を老夫婦が静かに歩いていた。

雲一つ無い青空に見守られ、朝の涼しい風に背中を押され、二人はゆっくりと海岸沿いの
きれいに舗装された歩道を歩いている。
老人は深く車椅子に腰を下ろし、その車椅子を後ろから妻が押して歩いている。
朝が早いせいか回りには他に誰の気配も無い。

「ここで止めてくれ・・」そういったのは老人。

妻は素直に車椅子を押す手を止めた。
老人は再びゆっくりと口を開く。

「ここだ・・ここだよ。子供の頃に住んでいたのはこのあたりだ。
キレイに整備されてはいるが、ここから見える海の景色は昔のままだ。」

老人は重たそうに自分の右手を上げ、海に浮かんだ小さなふたつの小島を指差した。

「ほら、あそこだよ。良く泳いで渡ったものだ。」

妻は優しげに微笑んだ顔でそれに答える。

「まぁ、あんなに遠くまで。子供たちには危ないからって、プール以外では泳がせなかった人が。」

老人は苦笑い。

「今日は何の日か知ってます?」

「・・・・・・。何か忘れていたか?わしも、忘れっぽいからな。あはは・・・。」

その台詞を聞いても妻は笑顔のままだ。
そして妻はバックの中からゴソゴソと何かを取り出した。

「あなたの子供たちはいい子ばかりですよ。今日はあなたの誕生日。
あなたが欲しがっていたものを、兄弟で必死に探してきてくれたんですよ。」

そう言いながら古ぼけた金色の懐中時計を老人の手に握らせる。

「・・・こ・・これは。」 

老人は目を見開いて驚いた。

「はい。あなたがずっと探していたでしょ。子供たちがあなたに最高のプレゼントをしたい
からって、必死に骨董やを探して回ったみたい。間違いないですよ。お父さんの名前も
キチンと彫ってあるから。」

老人は震える手で懐中時計の蓋を開けた。
古ぼけて針は止まっている。
しかし大切に保管されていたのだろうピカピカに磨かれているし、傷も少ない。

そして蓋の裏には『田辺 誠一郎』と名前が刻んであった。
その名は老人の父親の名。
老人が幼い頃、病死した父親の名であった。

「おぉ・・」

言葉にならない言葉だった。

「あなたがずっと探していたのを知ってたのは私だけじゃなかったみたいですよ。
私も昨日の夜、これを手渡されてビックリしたんですから。あとで、『ありがとう』って
優しい息子たちに電話でもかけてあげてくださいね。」

老人の目に涙が溢れ出す。

ポロポロ、ポロポロ・・大粒の涙が溢れ出す。

その様子を見て、黙ってハンカチを差し出す妻。
老人は左手で懐中時計を握り締め、もう片方の手で必死に涙を拭った。

「すっかり涙もろくなりましたね。昔は怖いくらい強気だったのにね。」

老人は必死で涙をこらえようとした。
でも涙は止まらない。

「違う・・違うんじゃ・・・」

かろうじてその言葉だけが聞き取れた。

「・・・わしは・・わしは、臆病だった。卑怯もので臆病だった。ずっと天涯孤独だって
お前にも言ってきたが、違うんじゃ。わしは・・わしは・・・。」

息が詰まりそうになる老人の背中を妻は必死でさする。

「・・・落ち着いて。・・落ち着いて。」

なだめようとする妻。
しかし老人は口を閉じようとはしなかった。
むしろ今しか話せないとでも言わんばかりに、その目は強く訴えかけている。

そして力強く、一言一言噛み締めるように言葉を繋ぎ始めた。

「聞いてくれるか・・・お前にもウソをついていたが、わしには妹がいた。2つ下の妹だった。
オヤジが死んだのは9つの時。お袋も半年後に後を追うように死んでしまった・・・。
残ったのはわしと妹、それとこの懐中時計だ。
・・・わしにはなんにもわからんかった。家には大きな家具やお袋の綺麗な和服もたくさんあった。
だがな、お袋の葬式が終わった後には何にもなくなってた。
覚えているのは、お袋の着物に泣きながらしがみつく妹の手から無理矢理着物を奪い取って
行く女の人たちの姿だけ・・。」

「・・生きることだけで精一杯な時代でしたからね。そういうこともありましたよ。」

ふ~っ・・老人は大きく深呼吸した。

「そう・・気が付いたら、何にもなくなっていた。あったのはわしと妹と懐中時計だけだった。
妹はわしにベッタリくっついていた。親戚をたらいまわしにされている間もずっとベッタリ
くっついていた。でもな・・・わしはどこかで妹を邪魔だと思っていたのかもしれん。
・・いや、思っていたんだろうな、心の奥では・・・。」

老人は空を見上げた。

「あの時もこんないい天気だった。腹を空かせていたんだよ、わしも妹も・・。
畑仕事の手伝いをさせられて帰ってみると、妹は美味しそうなパンをわしにこっそり手渡した。
食わせてもらってる身分で、こんなものを食べていると必ず叱られるとわかっていたから、
誰にも見つからないようにこっそりとわしに渡したんだ。
その時は嬉しくってな。二人で半分にして一口づつ味わって食べたんだ。」

「かわいい妹だったんでしょ。きっとあなたも邪魔だなんて思ってはいなかったはずですよ。」

「そう・・・今思えば、妹はわしに喜んでもらおうと必死だったのかもしれん。
だがわしは妹を突き放した。・・・そのパンを貰う代わりにこの懐中時計を誰かに渡していたんだ。
オヤジの形見のこの懐中時計を・・・。
わしは許せなかったんだ。
いや・・・わしは、やり場の無い不満を誰かにぶつけたかっただけなんだ。
そしてその日にそれまでは断ってきた妹の養子への誘いを受けた。
次の日に泣きながら引きづられて行く妹に、わしは背中を向けて何一つ言葉をかけてやらなかった。
・・・たった一人の妹に。守ってやるべき妹に。」

「違います。」

妻がはじめて言葉を遮った。

「言わないでくれってお願いされていたんですけど・・・自分をいじめるあなたは見たくありません。」

妻の目にも薄っすら涙が浮かんでる。

「懐中時計をあなたが必死で探しても見つからなかったわけは、もう誰かが見つけていたから・・・。
わかるでしょ? あなたにいつか返そうとあなたのように必死で探した人が誰か。」

一呼吸おいて妻は続けた。

「勇二がパソコンで呼びかけたら返事が返ってきたんですって。うちの亡くなった
おばあちゃんが返さなきゃいけないものだからって大切にしまっていた懐中時計があるって・・・。」

老人は言葉を失った。

妻の頬を伝って涙が老人の手の甲に落ちる。

「・・・全部聞いたんですよ。その妹さんの息子さんたちに。あなたを探していたって・・・
あなたに返したいって。そう言いながら息を引き取ったってことを・・・。」

老人は再び大粒の涙を零した。妻も横で同じように涙を零す。
懐中時計が何十年もの間、ピカピカで大切にされていた事実が老人に妹の気持ちを語る。
繋がりあう心は同じなのだ。
そう、その妹の心も同じだったのだ。
ずっと消そうとしてきた思い出は、消すべき思い出ではなかった。

老人は救われた思いで胸がいっぱいだった。
心の奥底で負っていた深い傷が徐々に癒されていく・・涙をひとつ・・またひとつ零す度に・・。

そして、二人の涙が枯れるに十分なほど、周りの景色は静けさを与えてくれていた。

「わぁ~キレイだね。」

突然、足元から声がした。
そこには小さな女の子が立っている。

妻は驚いたが、老人は泣きながら微笑んでもいた。

「欲しいのかい?」 

老人は女の子に向かってそう言った。

「えっ?くれるの?」

女の子の嬉しそうな顔。

妻はその言葉にも驚いてはいたが、止めることはしなかった。

今日の主役は夫だから。
今日の我儘は全部聞いてあげようと決めていたから。

「わしにはもう必要なくなったからな・・・。大切にしてくれるかい?」

「うん!」

女の子は大きく頷いた。

その元気な笑顔に微笑みを返して、老人は懐中時計を首にかけてあげた。

「わーい。ありがとう!」

そういうと女の子は駆け出した。

妻の横をすり抜けて走っていく・・・。

何気に女の子の姿を目で追いかけようと妻が振り向いた時にはその姿はどこにもなかった。
不思議に思いながらも目を夫に向けなおした。

「良かったんですか?」

老人は笑っている。

「あぁ・・・もうわしはもっとすごいものをもらったから。
もう欲張る年じゃないしな。
・・・最後にもう一つだけわがまま聞いてもらっていいか?」

老人が何を言いたいのか妻には分かっていた。
80才が近い夫はもう長いこと病院にいる。
自分がガンであることも本人は知っている。
それでも弱音を吐かなかった夫が急にふるさとの海が見たいと言った。
そしてそう言ったのが誕生日の前日でもあった・・・。
だからどうしても今日はここに来てあげたかった。

それが妻の精一杯の優しさだった。

「ここで少し寝てもいいかな?ほっとしたら眠くなってきたよ・・・。」

妻は涙を零しながらボロボロの顔だったけれど、それでも精一杯の笑顔を作った。
普通の人にはそれが笑顔になんて見えはしないだろう。
だけど、老人には分かっていた。
それが、こぼれるほどの優しさが詰まった笑顔であるということが・・・。

「・・・はい・・どうぞ。わたしが起きてて・・・あ・・・あげるから。」

上手く言葉にはならなかったが、老人には伝わっている。

老人はゆっくりと目を閉じた。

雲一つ無い青空に見守られ、朝の涼しい風が二人を包み込でいく・・・。

時間の流れさえ忘れてしまいそうな穏やかな空間の中で、老人は眠りについた。
自分が苦しんできた・・・自分で罪だと思い込んできた重圧から解放され、愛すべき人の
笑顔に温かなやさしさを感じながら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説を掘り返して……

ホームページに載せてる小説をこっちにも…… (*^▽^*)ゞ
ブログの方が誰か読んでくれるかもしれないので、とりあえず週一くらいで載っけておこうかと。
運がよければ、また雑誌や新聞で紹介してもらえるかもしれないので。f(^^;)

========================================================================

時を埋める筆

「さて、そろそろ行こうか」

老人はそう呟いて立ち上がった。その弱った体には似つかわしくないほどに感じる大きなキャンパスを目の前に立て、筆を持って立ち上がる。

「ここで最後だ」

ふぅ~っ…という大きな呼吸と共に、筆を目の前に立てその景色を睨んだ。
ここは小さな湖のほとり。老人には思い出深い場所である。
忘れることなど出来ない大切な思い出の場所。

「ふ~ん、絵を描いてるんだ」

そういう可愛い声が背中の方から聞こえてきた。ゆっくりと振り返るとそこには小さな男の子が立っている。言葉をかけたのはこの男の子。まだ小学校にも通っていないような小さな男の子。

「そう、おじいちゃんは絵を描いてるんだよ」

子供は背伸びをしてキャンパスを覗き込む…。その仕草が可愛くて、老人は自分の体をキャンパスから離し、男の子に良く見せた。

「おじいちゃん、上手だね」

「ありがとう」

老人のシワだらけの顔は、更にクシャクシャになるほどに微笑んでいる。
男の子はそれ以上話すこともなく、老人の後ろにちょこんと腰を下ろし、老人の筆の動きを見つめ始めた。老人もまた何も言わず、筆をキャンパスに向ける。
老人はこの十年間ずっと絵を描き続けていた。三十五年間勤め上げた会社を退職してから、ずっと絵を描き続けていた。
最初に描いたのは病院。古ぼけた小さな病院で、今では使われる事も無くなったガランとした建物。
そこは老人が最初に出会った場所だった。知らせを聞いて飛んで駆けつけると、妻が小さい命を抱いて横になっていた。それが初めての出会い。
次は小学校を描いた。もうすでに古い校舎は取り壊され、今は綺麗な姿へその風貌を変えてしまってはいたが、風景と睨み合いしながら老人はひとつひとつ丁寧に描いた。
海も描いた。海が大好きだと言っていたことを思い出したから。海水浴なんて一度も連れて行ったことはない。いつも仕事仕事で遊んであげることなどなかった。その証拠に絵日記には妻の姿ばかりで、老人の絵はどこにもなかったのだから……。
十年間で書き上げた絵は百枚近くにもなっている。ほとんど毎日描き続けて、そういう数になった。

老人はずっと後悔していた……。その後悔を晴らす為に必死で絵を描いていた。

「おじいちゃん、どうして絵を描いてるの?」

不意に男の子が問い掛ける。

「おじいちゃんはね、おじいちゃんの子供の気持ちをこうやって聞いているんだよ」

「ふ~ん…」

その答えが分かったのかわからないのか、男の子は再び口をつぐんだ。
二十五年前、事故で息子を失った。失って初めて、今まで自分のしてきたことを悔やんだ。

自分は何もしていない……

なにも伝えられていない……

仕事ばかりで、息子を正面から見ることさえもしていなかった。それから二十五年という長い月日をずっと悔やみ続けてきた。
そして定年退職という言葉と共に仕事も終わりを告げ、完全に逃げ場を失った時、ようやく正面から向き合う覚悟ができた。息子の歩いて来た道を、自分も追い駆けてみようと……。
そして息子の足跡の残った風景を、全て絵にしようと思った。
それまでは絵なんて描いた事は無い。もちろん絵筆を手にしたことさえ無い。だが息子の書いた絵日記を見る度に、そこに心があるような気がした。息子の心に触れたような気がしたのだ。
だから老人は絵に話し掛ける。話し掛けながらまた筆を加える。そうやって十年間絵を作ってきた。

「その子誰?」

男の子はまた問い掛けた。今、目の前の景色には湖が広がっているだけで、人影なんてどこにも無い。なのに老人の絵の中には男の子が一人描かれていた。

「これはおじいちゃんの子供だよ。本当はもっとずいぶん大きくなってたんだけどね」

そう老人は答えた。

「ふ~ん…でも、どこにいるの?」

その質問に困ることもせず、老人は自分の上着の内ポケットを探って、四つに折りたたんである古ぼけた一枚の紙を取り出した。そして自信に満ち溢れた笑みで、男の子の前にその紙を広げて見せた。

「ほら、ここにいるんだよ」

その紙は一枚の絵日記だった。落書きのような絵ではあるが、ここの風景だとわかる。そしてそこには小さな子供と大人の男の人が書かれていた。

「これ、おじいちゃん?」

男の子は絵の中の男を指差してそう尋ねた。そしてその問いに老人は大きく頷く。

「そう、おじいちゃんだよ」

たった一枚。たった一枚だけ自分が描かれた絵日記があった。絵の下の僅かな二~三行の日記にはこう書かれている。

『今日はお父さんがキャンプに連れて行ってくれました。魚は連れなかったけど、すごく楽しかったです。お父さんはバーベキューしてくれました。すごくおいしかったです。』

ここはたった一つの思い出の場所。息子と遊んだ思い出の場所。老人はこの一枚の絵日記に救われていた。これが息子と語れる唯一のものであったから……。
だから絵を描き始めた時に決めていた。最後の絵はここにしようと決めていた。
老人は涙がこぼれそうだった。こぼれないうちに、キャンパスへ向き直って筆を取った。
絵を描きながらずっと話していた。そして聞いてもいた。息子がどんな風に過ごしてきたのか、どういうことを考えていたのか。その全てが絵を通して伝わってくる。
だから休まず描き続けたのだ。愚かな自分のことを責め続けながら…。
だが、それもあと一筆…あと一筆で終わる。
年老いた体は外の風に長時間触れることを許さなくなっていた。今日が終われば明日からは病院のベッドの上。今日で終わりなのだ。今日で終わりにしなければいけない……。老人に明日は無いのだ。

ゆっくりと最後の筆を置いた。

「ありがとう」

そう男の子が言ったように聞こえた。しかし老人が振り返ったその場所には、もう男の子の姿はなかった。それを不思議がりもせず、老人はその場にゆっくりと腰を下ろす。
そして何も言わず、ずっとキャンパスに笑いかけていた。
何か楽しい会話でもしているかのように優しく微笑んでいた。
そしてその笑顔のまま老人は眠る。ずっと深い眠りに、笑ったままのその顔で……。

========================================================================

みなさんの感想まってます。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCが不調なり……( iдi )

なぜか1年ごとに壊れるPC。(ー’`ー;)
壊れるって言ってもHDなんだけどね。
毎年1月にHD買いにいっているような気がするのだ。
……再インストールが面倒くさいよぉ。o(;△;)o

話は変わるけど、今ニュースで風見しんごさんの娘さんが事故死の報が……。(」゜ロ゜)」
びっくりした。
何にも悪いことしてない子供の悲報はとっても辛いのだ。
今日は歩道橋から子供を投げ落とした男の事件も流れてたし……。
あぁ……なんでかな……。
なんで弱いものが被害受けちゃうのかな。
まだこれからなのに……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3行小説

……3行で小説書けるはずがない。なんて思いながら思いつきで書いてみる。

肌を刺すような乾いた風が、寒さをよりいっそう厳しいものにする。黒い人の波から逃れるように足早にその場を離れると裸になった銀杏の根元で僕は空を見上げた。お前が大好きな澄んだ冬の空。その空に大きく手を振った。笑ってるお前がそこにいるようで……。

創作時間3分……。
うぅ……さすがに3行は厳しいのだ。 (ー∇ー;)
これでぴったり3行、でも記事を投稿してずれたらおマヌケだけどね。ヾ(´▽`;)ゝ

あんまり短すぎると、詩とか川柳とかの方が感情が伝わりそうなのだ。
まだ1行詩とかの方がしっくりきそう。

……あぁ、筆が進まない。( iдi )
意味も無くこんなブログ書いてるばあいじゃないのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いま いじめられている君へ…

今テレビみてるんだけど、スマップの特別番組で草彅くんがいじめについてやっている。
昔からいじめってあったんだけど、昔はどこかに救いがあったような気がする。

ガキ大将は暴力的でも、弱いものの味方だったり……

クラスで煙たがれるような人でも、よその学校と問題が起きたときは一致団結してまとまったり……

いじめを見かけると先生は怒鳴ったりしてくれてた。

今はどうなんだろ? ( ̄~ ̄;)??

黒いネコはあんまり小さなことは気にしないんだけど、それでもチビネコのことで学校を叱りに行ったことがある。……3回ほど。f(^^;)
いつも校長は平謝りなんだけど、どーもしっくりこない時が一回あった。
きちんと話をした黒いネコには謝罪の言葉があったのに、同じ被害に遭ってたのに何にも言わなかったとこには何の言葉もなかった。( ̄~ ̄;)

これってどう?

実を言うと謝るべきは黒いネコに…じゃなくて、チビネコの方。チビネコには何の言葉もなかったのにもけっこうカチンときてたんだけど……。

やかましく言わないと動かない学校の体質はどこも似たり寄ったりなんだろうか?
そういうルーズなところが問題を大きくしてる原因じゃないのかな?

いじめって本人だけの頑張りじゃどーにもならないと思うのだ。
友達や先生、家族が一緒に頑張らないときっとなくならない。

子供の為に頑張れる親になろう!

生徒の心の痛みを感じ取れる先生になろう!

困っている仲間にはためららず手を差し伸べられる友達になろう!

……勇気を持って、自分の気持ちを表現しよう。
誰だっていじめられる人の姿は見たくないはずだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七草

日にちが変わっちゃったけど、今日(昨日)は七草(人日の節句)だったのだ。d(^-^)
七草っていうと、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、でしょ。
んで、黒いネコも七草粥をちょっとだけ食べた。
まぁ、美味しいものではないのかもしれないけど、不味いものでもなかったりする。
厄除け的な効果は計りようがないんだけど、栄養って面からみると、それほど悪くないって話を聞いたことがあるような……。

これで風邪が少しはよくなるかな?
実は今、のどが痛くて声がガラガラなのだ。へ(×_×;)へ
暖冬かと思ってたら急にこの寒さでしょ。体がついていけなくて、ごほっ、ごほっ……。
あ~…やっぱ、寝とこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事初め

今日から仕事だったのだ。(*´∇`*;△
正月太りの体を動かすのは、ちょっぴりきつかったりする。
……ちょっとダイエットしないと。

で、今さらなんだけど、ブログってどーなんだろ? p(;_;?)q  

すっごい数の人がブログやってて、似たような日記もどきが溢れてるわけで、それが誰かの目に留まるのって確率的に厳しいような気がするのだ。(ー’`ー;)

ほら、タグ打ちで必死でHTML作ってた時はそれなりにアクセス数稼ぐ手段も身についていたけど、ブログじゃどーやっていいのかさっぱりなのだ。
しかも無料のブログだから、サービスがどうこうとあんまし大きいことは言えない。f(^^;)

やっぱ情報関連記事載せた方がいいのかなぁ……。

ま、いっか。

小説を書こう、小説。
今はラストシーン書いてるとこ。
途中がまだ抜けてるんだけど、ラストから仕上げないと……忘れそうだからね。
主人公は子供でファンタジーもの。
けっこうイイ感じで書けてるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてさて……

頑張ってPCの前に座ったものの、手が動かないのだ。原因は……
しばらくなーんにも書いてなかったせいで、頭が働かないせい。 (ノ_<。)
やばいのだぁ~、けっこうやばいのだ。
んで、気分転換にスカパーでも見ようと思ったら、映らない!(゜ロ゜)

風がすんごく強かった日があったけど、きっとあの時にアンテナが……( ̄~ ̄;)??
し、仕方ない、アンテナ直すのだ……ヽ(  ̄д ̄;)ノ

はしごに登って……せっせ、せっせ……
アンテナ微調整……

あれ? (・vv・)?
アンテナレベルが全く上がらない……そんなはずないのだ

あーして、こーして……せっせ、せっせ……

な、なおらない……(T_T)

あーっ! (」゜ロ゜)」 

ケーブルがチューナーから抜けてる…… (○o●;)
……2時間も頑張ったのに。

で、さらに元に戻すのに30分。
未だに原稿用紙1枚くらいしか書けてないのだ。(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は……

なんとなく年が明けてしまったのだ。 (ー∇ー;)
去年は何にもしなかったような気がする……リアルが忙しかったせい?
仕事に追われてたのは間違いないんだけど、そればっかじゃないような気が……f ^ ^ *)
きっと半分は怠けてたんだな。

で、今年は目標を決めて頑張ってみるのだ!(≧ ≦)Ω

とりあえず書きかけの原稿があるので、そいつを仕上げてどっかへ応募。
ポプラ社小説大賞が狙い目かな。
賞金額が高いのも魅力的だけど、それよりもその審査が全部自分とこの社員でやるっていうのがいいのだ。d(^-^)
今までの価値観とは違った作品が選ばれる可能性も高いわけで、もともと黒いネコ自体も変わってて、とーぜん書いてるものも変わってるような……。

ま、当面の目標はそこだな。
がんばってみるのだっ!☆⌒(*^∇゜)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年2月 »